NEWS

タイ王国デジタル経済振興庁との協定締結について

  • facebook
  • Linkedin
  • WhatsApp

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(代表執行役社長 亀澤 宏規のり、以下 MUFG)の連結子会社である株式会社三菱UFJ銀行(取締役頭取執行役員 半沢 淳一、以下 当行)は、本日、Bank of Ayudhya Public Company Limited(頭取兼最高経営責任者 秋田 誠一郎、以下 アユタヤ銀行)、 株式会社三菱UFJイノベーション・パートナーズ(代表取締役社長 鈴木 伸武、以下 MUIP)およびKrungsri Finnovate Co., Ltd.(取締役社長Sam Tanskul、以下 KFIN)と共に、タイ王国(以下 タイ)の デジタル経済振興庁(Digital Economy Promotion Agency、以下 depa)との間で、連携協定(以下 本協定)を締結いたしました。本協定締結を通じ、上記MUFGグループ各社は、depaと共に、日本およびタイのデジタルトランスフォーメーション(以下 DX)に関連するスタートアップ企業を支援してまいります。

  1. 本協定締結 の目的 ・背景
    当行は、2013年12月にアユタヤ銀行を連結子会社化し、日本およびタイのお客さまに対し高付加価値の金融サービスを提供できる体制を構築してまいりました。近年、タイでは政府によるデジタル社会の 実現に向けた取り組みが加速しており、また同国においてDXを志向する企業が増加していることから、日本とタイにおけるデジタル関連の連携強化を図るべく、本協定の締結に至りました。
  2. 本協定の概要
    (1) ビジネスマッチングイベント等を通じたスタートアップ企業と DXを志向する企業との連携強化
    (2) DXに 関連 する 取引先の課題共有 および ソリューションの模索
    (3) KFINおよ び MUIPの投資検討先拡大
    (4) 日本やタイを含む ASEANにおける DX関連の定期的な情報交換
    本協定を通じて、depaと協力の上、日本とタイにおけるスタートアップ企業間の連携強化を図り、両国の経済・産業の発展への貢献を果たしてまいります。

≪アユタヤ銀行およびKFINの概要≫
アユタヤ銀行は、タイにおいて75年以上の歴史を有し、同国第5位の資産規模を誇る商業銀行です。タイ全国における650を超える独自拠点網および32,000を超える販売代理店網を通して、個人のお客さまから中小・大企業のお客さまに対して、法人業務、消費者金融を含むリテール業務、投資・資産運用等の包括的な総合金融サービスを展開しています。また、2017年 3月には 100%出資の ベンチャーキャピタル子会社 KFINを設立 し、現地スタートアップ企業への投資等を通じて フィンテック 事業にも注力しております 。

≪depaの概要≫
depaは、2017年1月23日に設立されたタイのデジタル経済社会省傘下の機関であり、タイ国内のDX関連スタートアップ企業の支援およびタイを含むASEAN諸国でのDX関連情報の収集を通じて、国益に資するDXの支援を広く行っています。

以上

三菱 UFJ イノベーション・パートナーズ 2号投資事業組合の設立について
Prev
 
ENJP