NEWS

Tinvioへの出資について

  • facebook
  • Linkedin
  • WhatsApp
Tinvioへの出資について

株式会社三菱 UFJ フィナンシャル・グループ(代表執行役社長 亀澤 宏規、以下「MUFG」)の連結子会社である株式会社三菱 UFJ イノベーション・パートナーズ(代表取締役 鈴木 伸武、以下「MUIP」)は、今般、運営ファンドである三菱 UFJ イノベーション・パートナーズ 1 号投資事業組合(以下「本ファンド」)を通じて、 Digital Services SG Six Pte Ltd (Tinvio) への出資(以下「本出資」)を行いました。MUIPおよび本ファンドは、FinTech および関連スタートアップ企業へのより一層の戦略出資を通じて、引き続き、MUFGグループ各社と出資先との協業および事業シナジーを追求してまいります。

【会社概要】
商号:Digital Services SG Six Pte Ltd (Tinvio)
本社:シンガポール
設立:2019
最高経営責任者(CEO):Ajay Gopal
事業内容:アジアの飲食店とサプライヤーのためのB2Bトレードペイメントとファイナンスプラットフォーム

Tinvioは、中小企業がサプライヤーへの発注をチャット形式で管理できるようサポートします。現在、飲食業をはじめとする伝統的なサプライチェーンでは、注文はWhatsAppや電話で処理され、支払いは現金や紙の小切手、手動の銀行振り込みといった旧態依然とした方法がとられています。そのため、マーチャントは注文、請求書、買掛金を管理するのが面倒で、サプライヤーは回収、照合、キャッシュサイクル管理に膨大な時間を費やしています。これでは、信用調査や融資が受けられず、中小企業の経営効率が低下してしまいます。

Tinvioがこれまで注力してきたのは、加盟店やサプライヤーが驚くほど簡単に取引できるユーザーエクスペリエンスを構築することでした。チャット形式のインターフェースにより、中小企業は数回タップするだけで、メッセージ、注文、請求書、支払いのやり取りができます。

今回の資金調達は、B2Bのリアルタイム決済、クレジット・ファイナンス、その他のトレード・サービスを強化するために、チームの技術と成長機能を拡大するために使用されます。MUIPは、今回の投資を通じて、ティンビオの事業成長と国際展開、および三菱UFJフィナンシャル・グループとの戦略的パートナーシップを支援していきます。

MUFGおよび三菱UFJイノベーション・パートナーズについて:
三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、世界でも有数の金融グループです。360年以上の歴史を持つMUFGは170,000人以上の従業員を抱え、50ヶ国以上約2,500ヶ所のグローバルなネットワークを有しています。銀行、信託、証券、クレジットカード、消費者金融、資産運用、およびリースなど包括的な金融サービスを提供しています。MUFGは、自社の存在意義(パーパス)を「世界が進むチカラになる。」と定め、全てのステークホルダーの課題を起点とした戦略立案・遂行により、その解決に取り組んでおります。MUFGの株式は東京、名古屋、およびニューヨークの各証券取引所で取引されています。
詳しくはhttps://www.mufg.jpをご覧ください。

三菱UFJイノベーション・パートナーズ(MUIP)は、MUFGが設立した400億円規模のコーポレートベンチャーキャピタルで、世界中のフィンテック関連スタートアップへの投資を行っています。
詳しくはhttps://www.ip.mufg.jpをご覧ください。

Tinvioについて:
TinvioはB2B取引プラットフォームで、マーチャントがチャット形式のインターフェイスでサプライヤーとの注文、請求書、支払いを管理することができます。Tinvioは、すべてのマーチャントとサプライヤーがよりスマートに協働できるべきだという考えに基づいて構築されています。すっきりとしたデザイン、アジャイルなエンジニアリング、真摯なサポートを通じて、生産性と収益性を向上させる機能を提供しています。
詳しい情報やお問い合わせは、https://www.tinvio.com をご覧ください。

Obligoへの出資について
Prev
 
Grab Holdings LimitedのNASDAQへのSPAC上場について
Next
ENJP